家づくりコラム

家づくりコラム


こちらのコラムでは、その時々の時流にあった家づくりにまつわる話を1コラム1テーマで解説していきます。

家を建てようと思ったら

2020.11.30

SONY DSC

「家を建てよう」と思ったときに、皆さんはまずどんな行動をしますでしょうか。おそらくはネットで、気になるキーワードで検索することから始めることと思います。また近くの住宅展示場に出かける方も多いと思います。しかし、しっかりとした知識のないままに、展示場や、住宅事業者を訪れることは避けるべきと考えます。

 

そこで皆さんが出合う人たちは、その道のプロであり、あなたが不安に思っていること、分からないことが何なのかを熟知している人たちです。その人たちのペースで家づくりを行ってしまうと、あなたが本当に求めていた家とならない可能性が高くなります。

 

ではどうすればよいか。どんなに家に関する知識を得たとしても、その道のプロである相手に知識的に敵う訳がありません。

 

まずは自分が住みたい家に関するイメージを持つことから始めることがよいと思います。それは漠然としたイメージで構いません。どんな家が欲しいのか、どんな暮らしがしたいのか、想像することがまず第一歩です。家族と相談して、自分たちが求める暮らしのイメージを整理することです。

 

次に、自分たちの家のイメージが出来上がったら、自分たちの暮らしを想像しながら要望事項を整理します。どんな暮らしがしたいか?家に帰ってきて最初にすることは?休日はどうやって過ごすか?洗濯物はどこに干すか?将来子供たちが大きくなったら?などなど、考えることは多岐に渡ります。家を何度も建てる人は少ないものです。ほとんどの方が初めてのことだと思います。自分の求める家はどんなものなのか、それを正確に伝えることが出来るようになることが大切です。

 

要望を整理できたならば、次に行うことは、信頼できるパートナーを探すことです。それは親切・・営業マンではありません。あなたの家を何十年にも渡って、面倒を見てくれる、心配してくれる信頼できる人です。まずは整理した要望をその人にぶつけてみてください。相手はプロですからその要望に応えることが仕事です。

 

もしその要望に応えることが出来なければその方はプロではないのでしょう。もちろん、何でも「YES」ということではなく、あなたにとって最適な答えを用意するのがプロの仕事なので、そのあたりもしっかりと見極めて欲しい部分です。

 

信頼できるパートナーが見つかれば、あなたの夢はもう実現したようなものです。そのパートナーに託せばよいのです。あとはあなたは家づくりを楽しめばよいと思います。

 

あすなろ建築工房では、あなたの家づくりの最良のパートナーとなるよう、あなたの家づくりのお手伝いをしています。過去のお客様の要望をヒアリングして作り上げた「住宅要望書」の雛形をご用意して、あなたの家づくりイメージ作りからお待ちいたしております。