あすなろをもっと知る

家づくりの流れ

あすなろ建築工房では、一軒一軒、設計から施工まで丁寧に行っています。そのためローコストやプレファブな家づくりに比べるとどうしても時間がかかってしまっています。お客様にとっても、家は一生に何度も建てられるものでもないと思いますので、ここはしっかりと時間をとって、納得のいく家造りを行っていただきたいと考えています。

一つの現場では一人の棟梁が、建て方から竣工まで担当しています。きちんと愛着を持った家造りを行いながら、お客様の家の完成まで面倒をみさせて頂いています。

相談からご契約、完成までの工程と期間

おおよそ、基本設計が決まり詳細設計を行い確認申請まで半年、工事着工から竣工まで1年を予定しています。

 

PDF版をご覧いただけます

第一フェーズ(建築相談)

御要望をお伺いするほか、これまでの住経験(どんな家に住んできたか)や趣味や生活スタイルを詳しくお伺いいたします。
新築見学会や現場見学会にお越しいただくほか、OBのお客様のところで実際にどんな生活をされているかをご覧頂きます。
併せて、実際の敷地にお伺いし、土地の高低差、近隣建物の位置、現況インフラ設備の状況、風の通り方、朝日の昇る方向、夕日が沈む方向などの調査を行います。

第二フェーズ(御提案・基本計画)

土地条件とご要望事項を考慮したボリュームスケッチ(建物の大きさが分かるもの)と予算概算案を御提出します。
ここまでは無料です。
[ボリュームスケッチ、予算概算書]

第三フェーズ(基本設計)

ボリュームスケッチに基づき、ご要望を取り入れた基本設計案を作成いたします。併せて、建物内部の様子が分かる模型を作成します。
計画案作成の際に、設計依頼の着手金として10万円を申し受けております。(後に設計契約を頂いた際には、着手金は設計監理費用に充当しますので、設計監理契約の契約時御請求から10万円を差し引くようにいたします)必要に応じて、地盤調査を行います。状況にも寄りますが、地盤調査には4万円~5万円位の費用がかかります。(実費精算)
[A3版計画案カラー図面 S=1:100、模型S=1:100]

第四フェーズ

基本計画案を気に入っていただけると実施設計へと進みます。
この時点で、設計監理契約をお願いしております。
実際の工事を行うために必要となる実施設計図面の他、確認申請図面、家具、インテリア、設備器具、外構デザイン図面などを作成いたします。前述の設計料に基づき、契約時1/3、実施設計完了時1/3、業務完了時(工事完了時)に1/3に分けてお支払いいただいております。
[構造計算、実施設計、実施設計模型(S=1:50)、建築確認申請、詳細図作成、外観・内観パース作成、インテリア・家具提案、照明計画、現場監理、建築中間・完了検査申請、外構造園提案等]

お見積提示

実施設計図面の内容で見積を行います。
概算見積でなく、部材一つ一つ丁寧に積み上げて見積いたします。
見積期間は3週間となっております。

工事請負契約

工事の請負契約となります。合わせて確認申請を提出いたします。長期優良住宅や性能評価などの各種申請が必要な場合は、確認申請と同時に申請を行います。

工事

確認申請許可が下りると着工です。工事期間は約6ヶ月です。(規模、敷地条件によって異なります)
地鎮祭、上棟式※などのイベントがあります。中間検査など法定検査の他、社内検査、工務店ネットワーク(名匠家)の現場安全パトロールなどが行われます。
お施主様にも時々現場に足を運んでいただいて、現場で御確認いただきます。
※あすなろ建築工房では、上棟式の開催をおすすめしています

竣工検査

確認申請完了検査の他、社内検査、施主検査が行われます。

見学会

完成時には見学会の開催をお願いしております。

お引渡し

室内のクリーニングを行い、各設備の説明等を行いながら、お引渡しとなります。