楽しい設計と家づくりの日々~Sekio's Blog


フローリングの傷


六ッ川の家にお客様ご案内しました。ご案内前に掃除していると、子供部屋の床フローリングの傷がチラホラ。3年も経つとまんべんなく傷もついて、それほど気になるものではないのですが、「たまには」一部メンテナンスを行ってみました。

 

1階は程よい硬さと弾力性のあるタモフローリングを使用していますが、2階は肌触りの良い信州赤松フローリングを採用しています。針葉樹は木目もきれいで、柔らかくて、暖かさも感じられるので寝室などには向いているフローリングですが、モノを落とすと傷がつきやすい弱点があります。傷がついてしまった場合は、写真の様に濡れ雑巾を間に入れて、アイロンで温めてあげると、凹みが小さくなります。

 

なんとなく目立たない感じに戻りました。




SOCIAL MAGAZINE

  • 関尾英隆ブログ
  • 現場ブログ
  • 家づくりの傍らで
  • スタッフブログ