ばんくやーどハウス新築

土地探しからご一緒させていただいた新築住宅です。
閑静な住宅地で、前面道路から敷地までは2m程度の高低差があり、駐車場造成が必要となる敷地でした。一般的なコンクリート擁壁による高低差解消では、工事費用もかかる上、道路から見て無機質なファサードとなってしまうので、ここを傾斜のある庭(ばんくやーど)とし、豊かな街並みに貢献しつつ、変化のある庭を楽しむ計画としました。
リビングへの陽当たりと家族団らんのプライバシーを重視し、2階リビングの計画としています。
1階と2階の階間にエアコンを設置した「階間エアコン」を採用しています。8畳用エアコン一台で全館を冷房と暖房をしています。
他にもいろいろと先駆的(Vanguard)な取り組みをおこなった提案住宅となっています。

フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます