東戸塚のバリアフリー住宅新築

お客様は交通事故で下半身麻痺となり、車椅子生活となったため、御自宅を建替えされました。前面道路と敷地に高低差が3m以上あったので、地下に最低限必要な駐車場と玄関をRC造で埋め込み、その上に木造2階建ての居住スペースを載せ、上下の移動用にEVを設置しました。南北に細長い敷地で東西と北面を隣家に塞がれているため、南側に大きく開口を確保し、北側はトップライトとガラス床から光を取り入れるようにしています。車椅子生活に伴う様々なバリアを一つ一つ取り除くとともに、少しでも快適に過ごせるよう、いくつかの仕掛けを施してみました。

フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます