ブログ

楽しい設計と家づくりの日々~Sekio's Blog


横浜を拠点とした設計事務所+工務店「あすなろ建築工房」代表 関尾英隆のブログです。毎日の設計と家づくりの活動内容を中心に、日々起こった事柄や家づくりに関する事柄などを綴っています。

塗り壁(珪藻土・漆喰)の補修・メンテナンス

2016年10月13日

竣工後・メンテナンス・検査

P1050575_R

塗り壁(珪藻土・漆喰)のメンテナンスについて聞かれることが多くあります。私がいつもお答えするのは、「補修がとっても簡単で、誰にでも補修が出来ます」とお答えしています。例えば写真のようにビスの穴を間違えて空けてしまったときの補修方法を簡単にご説明します。

P1050578_R

珪藻土や漆喰のほか、使用した塗料を竣工時に小瓶に分けてお渡ししています。この小瓶に入った材料(珪藻土や漆喰)を使用します。筆に適量を取ります。

P1050577_R

筆で穴を塞いでいきます。

P1050579_R

穴が塞がったら、指先で左官仕上げのように、「ぺいっ!」と均して完成です。乾いたらどこだか分からなくなります。

P1050757_R

では、このような汚れが付いた場合どうするか?

P1050760_R

メラミンスポンジでこすると消えます。

P1050762_R

水に浸けたメラミンスポンジで擦ると、表面が微妙に削れます。

P1050761_R

まったく汚れが分からなくなりました。

動画でその様子をご確認ください。

以上のように塗り壁(珪藻土・漆喰)の仕上げは、お住まいになってからのメンテナンスが簡単に誰でも行うことが出来ます。ビニルクロスなどは、プロでも部分補修はとっても難しいものです。塗り壁(珪藻土・漆喰)っていいですね。