家づくりコラム

家づくりコラム


こちらのコラムでは、その時々の時流にあった家づくりにまつわる話を1コラム1テーマで解説していきます。

横浜でちょうどよい家

2020.12.15

設計

sumitaimati_6 2014年の「住みたい街ランキング」で横浜市は1位でした。他の「住んでみたい都市」などのランキングでも常に上位にあるのが横浜市です。

yokohama_6 あすなろ建築工房はそんな人気の都市である横浜市内にあります。横浜と言う場所は、東京から30分の立地でありながら、自然が残り、観光地もたくさんあって、生活するにはとても恵まれた環境であると思います。人気があるのもうなづけます。

そんな横浜にはどんな家が似合うのか、どんな家が住みやすいのか、あすなろ建築工房はとことん考えます。

kisyouDATA_4 横浜では南南西から風が吹きます。夏は昼も夜もほぼ同じ方向から吹きます。一年を通じてお日様にも恵まれ、日照時間は年間で2100時間を越えます。最高気温で30度を超えることは稀で、最低気温は下がっても5度くらい。日射を制御し、程よく断熱してあげれば、一年を通じて快適に過ごすことが出来る恵まれた環境です。

交通の便はよいので、車が無くても生活は成り立ちますが、子育てとレジャーを考えると車も持ちたい。

DSC_2358ご夫婦で共働きの家庭も多いので、家事のしやすさはとても大事です。特に洗濯物の干し方には注意が必要。軒を出し、急な雨でも濡れない工夫と部屋干しスペースの確保は必須です。

ゴミの回収は、燃えるゴミが週に2日、プラ、ペットボトル・ビン・缶などは週1日、ゴミのストックスペースを考慮する必要があります。

P1160894_2ペレットストーブ 近隣が隣接していることも多いので、薪ストーブを設置する際には近隣調査と調整が必要です。近隣への影響を考えるとペレットストーブは有力な代替候補となります。

IMG_5495_R 丹沢方面、房総方面には車で1時間で行くことが出来るので、気軽にキャンプなどのレジャーを楽しむ人も多いことが特徴です。お家にはアウトドアグッズの収納場所もしっかり確保する必要があります。

敷地も決して広くは確保できないことも多いので、お隣との窓の関係はとっても大事です。窓がお見合いにならないように、設計時点でしっかりとお隣のお家との関係をチェックする必要があります。

日照を考えると2階リビングとなることも多くなります。2階にリビングを計画する場合は、階の高さが高くなりすぎると階段の段の高さが大きくなったり段数が増えたりして、2階への移動がおっくうになったりします。1階の階の高さを押さえ、上りやすい階段とする工夫が必要です。2階リビングの場合には、水周りも2階となることが多くなります。その際の排水の経路をしっかり検討しないと1階の天井が確保できないなどの問題が生じることがあります。

danmen_2 狭小地の場合は、3階建てとすることも多くなります。しかし、横浜市の住宅地は高度地区での北側斜線が厳しいので、そのまま3階建てが建つことは稀で、高さと配置を工夫する必要があります。

横浜での家づくりを考えると、まだまだ考えることはたくさんあります。魅力的な街「横浜」での家づくりには、横浜に精通した設計と施工が必要だと考えています。「横浜」で家づくりを行う際には、是非一度 「あすなろ建築工房」にご相談ください。きっとお役に立つことができると思います。