ブログ

楽しい設計と家づくりの日々~Sekio's Blog


横浜を拠点とした設計事務所+工務店「あすなろ建築工房」代表 関尾英隆のブログです。毎日の設計と家づくりの活動内容を中心に、日々起こった事柄や家づくりに関する事柄などを綴っています。

ゴールデンウィークに行うべき夏の準備

2022年5月9日

竣工後・メンテナンス・検査

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私はいつものように家のメンテナンスを行うGWでした。

いろいろなところでお話していますが、GWは家のメンテナンスを行うには最適なシーズンです。

年末の大掃除の時は、気温も低く、慌ただしいので、GWに家のメンテナンスを行うことをお勧めしています。

特にGWにやって頂きたいのが「夏への準備」です。

日射遮蔽タープや簾(すだれ)やグリーンカーテンの準備をしてください。

 

子供室と2階トイレにある西側の窓に簾(すだれ)を設置しました。

これが無いと、西日で夕方がとても暑くなります。あるのと無いのとでは冷房の効きが全然違ってきます。

 

 

東側のウォークインクローゼットの扉に日射遮蔽タープを取り付けました。

これも朝の室内気温に大きく影響します。

 

 

そして南側のウッドデッキ上には、日射遮蔽タープを取り付けました。

南側には冬の日射取得を最大限に得るために大きな開口部を設けています。

これからの季節はこのタープが無ければ、ダイニングは灼熱となってしまいます。

 

遮蔽物ができることでなんだか落ち着く空間にもなります。

 

そして、東側にある浴室の窓外にグリーンカーテンとなるゴーヤ、ヘチマ、キュウリ、ミニトマトの苗を植えました。

奥にツル系の野菜、手前にミニトマトを植えています。

長年の経験ではこの配置が一番長く遮蔽してくれます。

毎日水やりという仕事が増えますが、緑を楽しめ、日射熱を遮ってくれて、収穫が出来ると、一石三鳥の重要なアイテムです。