あすなろがつくる家

ハナミズキハウス

ハナミズキハウス

横浜市内で駅から徒歩8分という好立地に土地を購入され、親子3人で家族時間を大事にするために計画されたお家です。

旗竿敷地で北側斜線が厳しく、南側のアパートから見下ろされる条件の中ではありましたが、プライバシーを確保しつつも、開放的な生活が出来る空間を確保しました。

敷地南側はアパートが迫り、こちら側に視線を抜くことが出来ないため、南側は採光と日射取得に留め、東側の隣地緑地へ開いた開放的な空間としています。

ダイニングも畳小上がりとし、一体となったリビングダイニングの畳敷き空間はとても居心地の良く、家族が集う場所となりました。

お客様が育てる「花」、お隣に水道施設の「水」、お隣の借景庭の「木」と、ハナとミズとキが揃ったので、「ハナミズキハウス」と名付けました。当然、シンボルツリーは花水木(ハナミズキ)です。

玄関ホールをナグリの栗の床で仕上げました。足触りがとても気持ちのよい床です。

リビングダイニングに設けた大開口窓から眺める横浜の夜景が心を癒してくれます。

フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

SOCIAL MAGAZINE

  • 関尾英隆ブログ
  • 現場ブログ
  • 家づくりの傍らで
  • スタッフブログ