あすなろ建築工房 スタッフブログ


マンションリノベーションの楽しい間取りの作り方


 

こんにちは、あすなろ建築工房の堀です。

今回初めてブログを書かせていただきます。

長編です。

 

今日は「間取り」について、特に、私リフォームを担当させて頂いているので、

今回は「マンションリノベーションでの楽しい間取りの作り方」

をテーマに書いていきたいと思います。

 

ほんの小話ですが、

私がリフォームを担当している理由の一つに、

リフォームは今までの暮らしで感じてきた不便さがあるからこそ、

こうだったらいいな、

こんな空間だったら理想的だな、

と夢が膨らみますよね。

そんな理想の空間をカタチにできた時がとっても楽しい!

なので、リフォーム、リノベーションはいろんな可能性が詰まっていて、

より楽しく暮らしやすさを考えていけることなのかな、

と個人的に思っています!

 

 

ではさっそく、

はじめに、ざっくりとリフォームとリノベーションの違いは知っていますか?

お恥ずかしながら私、

リフォームのおしゃれな呼称がリノベーションだと思っておりました。。。

いろんな本を読んでみたり調べてみると違いがしっかりとあるようです。

 


 

リフォームとは・・・

一般的に、老朽化した建物を元の状態に戻すこと。

英語で‘reform’とは「悪い状態からの回復」を意味しています。

基本的には建物の壊れているところや、汚れていたり、老朽化している部分を

直したり、綺麗にしたり、新しくすることを指しています。

クロスの張替えや、トイレ等の設備の交換などはリフォームに当たります。

 


 

一方で、

リノベーションとは・・・

建物の大規模な改修のことを言い、

リフォームとの大きな違いは、

性能を元の建物の性能より向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

英語で‘renovation’とは「刷新、修築、更新」を意味しています。

いわゆる間取りの変更や断熱改修などがリノベーションです。

 


 

リフォームが、

建物のマイナスになってしまった部分を元の状態に直す工事

に対して、

リノベーションは、

元の状態プラスαになる改修工事

という違いがあります。

 

 

似ているようで実は大きく違うのがリフォームとリノベーションです。

ただ、大掛かりなだけ、やはり大変そうなイメージはありますよね。

 

今回は、このリノベーションの中でも特に、

マンションのリノベーションについて、

楽しく暮らしやすい間取りのつくり方、を考えていきたいと思います。

私もまだまだ修業中の身のなので、

初めてリフォームを検討する方目線で

間取りを考えるための基本、

マンションリノベーションをするために知っておくべきこと、

いい間取りとは何かを考えていきたいと思います。

 

長くなると思いますが、どうぞお付き合いください。

 


 

快適な暮らしをしたいと思い始めたら◇

 

今マンションにお住まいの方にはこんな悩みはないでしょうか。

・閉塞感があり何となく暗い感じがする

・家事導線が使いづらい

・当初はよかった間取りも、なんだか昔っぽい

・家族構成が変わって部屋が余っている

等々

 

マンションに限らずのことも多々ありますが、

長く住んでいると感じる生活の不便さがありますよね。

そんな悩みもマンションリノベーションでは、間取りを大きく変更しやすく、

今の暮らしから、ガラッとイメージを変えることができます。

 

というのも、

マンションは戸建て住宅に比べて、取れない壁、抜けない柱などが少ないので

ほとんどゼロの状態、いわゆるスケルトンの状態からプランを考えられます。

・キッチンは対面にして、LDKを開放的にしたい!

・家事の動線を良くしたい!

というイメージの実現性が高くなっています。

マンションリノベーションの良いところのひとつですね。

 

家族構成の変化や、環境の変化等、

この生活の不便さがリフォームのきっかけになることもたくさんあります。

大きく生活が変わる時はリノベーションを考えるタイミングかもしれません。

 


 

◇マンションには変えられないところや規約がある◇

 

理想の間取りをつくりやすいマンションには、

逆に変えられないところや、変えられない決まりがあります。

 

◆水回りは大きく動かせない!?

間取りをガラッと変えやすいマンションリノベですが、

その一方でマンションの場合にも、

実は変えられないところや、規約ですでに決まっていることがあります。

 

マンションを購入する際にきっと何度も見られた図面に、

実はちゃんと書いてあるPSと書かれたこの空間。

 

初めての方は意外と知らない方も多いです!

 

この「PS」はパイプスペースといって、配管の通り道になっています。

マンションの場合、自分のお部屋でありながらも、

上の階の方の配管がお部屋を通っていることが多く、

この配管スペースは、勝手に動かすことができません。

たまにお部屋の真ん中を通っていることもあり、

そんな場合は、なるべく見えなくなるように、うまくプランの中に共存させていきます。

 

水回りはこのPSの近くにあり、

今の位置から大きく動かさないことが基本的には多いです。

PSから遠くなればなるほど、水が流れる勾配が必要になるので、

床を上げていく必要が出てきてしまいます。

段差ができたり、天井高が低くなりすぎたりするので、

水回りはPSに近いところで計画します。

 

 

◆床は遮音等級を満たした仕様に

また、マンションでは、近隣への配慮で音の問題には決まりがあります。

遮音の等級を満たした仕様にすることが、マンションごとに規約で決められています。

遮音性能をしっかりと満たすには、

2重床(この説明はまたどこかの機会で)にするため床が高くなり

天井高が元の高さよりやや低くなる可能性があります。

 

リフォーム・リノベーションを検討する際には、

規約の確認も大事になってきます。

 

 

さて、ここまではマンションリノベーションの知っておくとよい

基本といったところでしょうか。

 

ちょっとでも知ってると、

大変そうなリノベーションも少し楽しくなってきませんか??

 

 

さてここからは、実際に快適な暮らしを手に入れたい!

と計画を実際にはじめて行くときのポイントを考えていきたいと思います。

 


 

◇楽しく快適な暮らしを考えるには◇

 

では、生活に不便さを感じた皆さんがいざリノベーションを考える時に、

どんな風に考えていったらよいのでしょうか。

 

まず初めに、リノベーションだけでなく、リフォームの場合でも、

忘れないでほしいことをお伝えさせて頂いております。

それは、要望の優先順位です。

 

リノベーションを始めたいと思った「きっかけ」は必ず皆さんにあると思います。

生活の不便さなのか、趣味なのかはひとりひとり違うと思います。

しかし、

このおそらく一番大事な「きっかけ」が、

計画を進めていくと他のイメージがどんどんと膨らみ、薄れていってしまいます。

そして、予算もどんどんと膨らんでいきます

 

マンションリノベーションは思っている以上にお金もかかります。

見えない中の部分までしっかりと性能を高めるリノベーションは

あれもこれも実現したいな、となると、

驚きの見積になることは少なからずあります。

 

さて、そこで大事なのが、常に優先順位を考えることです。

 

例えば極端な例ですが、

リフォームのきっかけがキッチン周りの家事導線だった場合に、

計画が進んでいくと、

「あのモデルハウスで見た書斎、良かったな~」

なんて理想が膨らんで来たりします。

その時に一度しっかりと立ち止まって、優先順位を考えることが大事です。

「書斎もよかったけど、書斎作ったら家事導線ちょっと悪くなっちゃうから、、、

やっぱり家事導線が優先!」

と、一番大事にしたいことは何かを考えて、

間取りを考えていくことがオススメです!

 

そうすることで、

「書斎も欲しいけど、やっぱり諦めなきゃ・・・」

と、諦めるではなく、

「やっぱり家事動線が素敵な方が毎日の家事も楽しいはず!ウキウキ」

なんて楽しくなってくるはずです。

 

そして、暮らしやすさ

同時に陽当たり、風通しも考えた間取りが、

豊かな暮らしの第一歩となります。

窓の場所が限られてくるマンションは、

陽当たりや風通しの自由度がなかなかありません。

今あるもので最大限に豊かな暮らしを考えていきます。

 

 

とは言え、きっと初めての方が間取りまで考えていくのは難しいと思います。

◎どんな暮らしをしたいか

◎どんなところに不便を感じているか

◎どんなイメージが好きか

◎家族はどこで過ごすことが多いか

◎リビングの使い方は?

◎洗濯物はどこに干す?

考えていくときりがないですが、

まずは何に不便に感じはじめたか、どうあったら良いか、

大まかなイメージをまず考えていければ、大丈夫です。

イメージがあれば、それをもとに私たちがプランを考えていきます。

そして、一度自分の住まいのプランを見ると、

イメージがぐっと具体的になるはずです。

 

このような感じで、

「自分が一番実現したいこと」を考えながら進めていくと、

楽しくかつ実際に住んでみた時に満足できる間取りができやすいと思います。

 

リンベーションは恐らく人生で1度、の方が多いことと思います。

何よりも楽しんで家づくりをしていくことが、

いい家づくりになると思います!

 

初めての方はまず、必ず

「何から始めたらいいんだろう

と悩むはずです。

 

まずは、「どんな暮らしをしたいか」

をぜひ、どんどん考えてみてください。

きっとリノベーションも楽しくなります!

 

 

以上、私の個人的な見解もたくさんありますが、

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 




SOCIAL MAGAZINE

  • 関尾英隆ブログ
  • 現場ブログ
  • 家づくりの傍らで
  • スタッフブログ