ベリーズハウス新築

「ちょうどよい距離感の二世帯住宅」をコンセプトにした上下階に分かれて住む形の二世帯住宅です。3世代がお互いの距離を大事にしながら仲良く過ごす住宅となります。

 

1階が親世帯、2階が子世帯の「玄関共用タイプ」の二世帯住宅です。

 

横浜の繁華街も近く、周辺も密集した立地ということもあり、親世帯も子世帯も外部に開くのではなく、内部に開く形で計画しました。

 

1階の親世帯は、夫婦のそれぞれのプライベートな個室を充実させるとともに、定期的な子供世帯との一緒の食事を考え、ダイニングスペースを広く確保しました。

東と南と二方向が道路に面し、建物も道路にギリギリまで寄せて計画しているため、窓は高窓(ハイサイド)とし、採光と通風を確保するにとどめています。

 

2階の子世帯は、お子様のお友達などの来客も多いので、リビングダイニング空間を広く確保しました。

リビングダイニング空間のすぐ脇に設けた子供室は、将来的に3分割し、それぞれの個室を持てるようになっています。

ダイニングスペースには、パパがご希望されていたDJブースも確保しました。

 

1階2階ともに、見せる収納と隠す収納を意識的に分散配置させています。

 

都市密集地での住宅の在り方を考えた家事スペースを提案しました。

難解な条件を解いた都市居住の2世帯住宅の一つの解となっていると考えています。

 

 

フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます