住まいづくりのヒント

お客様の声

すっくハウス -成長する家-

すっくハウス ポーチ

すっくハウス 外観最寄り駅から徒歩10分。

ご主人が生まれ育ったご実家を建替え、お父様と2014年に誕生したお子様の3世代が集います。

狭小敷地で高低差があるため、道路に面する部分には玄関と地下室、駐車場を確保。その上が木造2階建てです。

太陽の動き、風の流れ、隣家の窓の位置などを計算して計画された窓と開口部。さまざまな制限の中で、明るく開放的な暮らしが実現しました。

リビングに設けられたロフトと、空が見える高い位置に設けられた窓もポイントです。

そして、家族の変化に合わせてフレキシブルに間取りが更新でき、ご家族と共に家も成長することを想定した住まいです。

 

 施工事例:すっくハウス-成長する家- はこちら

2015年12月に竣工、お引越しをされて7ヶ月のYさんご夫妻にお話を伺いました。

ご夫妻は共に30代、もうじき2歳になるお子様と、ご主人のお父様(60代)との4人家族です。

 

ご結婚後、ご主人の勤め先の社宅で1年、奥様のご実家の近くのアパートで6年暮らしてこられたお二人でしたが、30代となり、ご主人が生まれ育ったご実家を建替えようと決意されました。

大のミッキーマウスファンの奥様と、ギターが趣味で音楽が大好きなご主人。

お父様は仕事から帰ると、お孫さんの笑顔を見ながら晩酌するのが楽しみなのだそうです。

 

あすなろ建築工房を選んだきっかけは?
また、ここに依頼しようと決めた理由を教えてください

 

y01

ご主人:30代になって、友人たちも家を建て始めたこともあり、私も家の建て替えを考えるようになりました。

 友人の勧めで、最初はハウスメーカーに相談しました。ただ、敷地の一部が地下にあたるなど、少し特殊だったことから、近くの設計施工の工務店にも相談していました。そんな時に以前に高校時代の友人が「うちの会社、いい家造るよ」と言い切っていたことをふと思い出しました。

 妻が「絶対に木の家がいい」と言っていたこともあり、その友人に相談しました。今回現場監督をしてくれた飯沼君です。これがきっかけとなりました。

 あすなろ建築工房さんから提示されたプランは、他のハウスメーカーや工務店と異なり、家を建てた後も面白そうだと思えるプランでした。

 

奥様:私はどうしても、シーリングファンが付けたかったのですが、当初検討していたハウスメーカーにも工務店にも「それは無理です」と言われてしまいました。

 どちらの案も、1階にリビング、2階に寝室というプランだったのですが、あすなろ建築工房さんから頂いた提案は「2階にリビングを設けた方が明るくて快適なリビングになる。その上にシーリングファンを設置すれば、空気の流れもよくなるし、いいですよ」と言ってくれました。私もその方が絶対にいいと思い、こちらに決めました。

 

家づくりの際、どのような要望を伝えましたか?

 

DSC2449

ご主人:私は音楽室ですね。ギターが好きなので、地下に専用の部屋を作っていただきました。

 それから、オーディオセットが収納できる棚と、薪ストーブです。薪ストーブは、まだ使っていないので、この冬が楽しみです。

 

 

DSC2435

奥様:私はまず、シーリングファン。それから、収納を沢山作って欲しいと伝えました。特に玄関には全面靴を入れられるようにしていただきました。広くスペースを取っていただき、ティッシュなどのストックも置けるほどです。そして、大好きなミッキーマウスのコレクションを飾る棚が欲しいとお願いしました。こんなに素敵にしていただき、大満足です。

 

 

 

特に時間をかけて検討したことはありますか?

 

 ストーブとオーディオの配置です。オーディオとDVDを収納できる棚は、当初テレビの下に設置する予定でしたが、後からストーブを置きたいとお願いしたため、これでは人が通るスペースが狭く、危険だということになりました。熟考していただき、最終的に棚をテレビの上に吊る形で設置してもらいました。

 様々な場面で私たちの希望の実現に向けて、社長とスタッフが真剣に話し合う姿が、とても印象的でした。

 他にも、照明の位置や配線コードの目隠しなど、スタッフさんがいろいろと工夫してくれました。

 

家づくりを進める上で、大変だったことはありますか?

 

DSC2517

 現実的なことですが、住宅ローンの手続きを自分でしなければならなかったことです。

 ハウスメーカーの場合は営業担当が書類を用意してくれるので、自分たちは印鑑を押すだけですが、全て自分で行いました。

 あすなろ建築工房さんとの打合せでも最初に言われたのですが、資金調達は、家を建てるために最初に必要なこと。手続きは大変ですが、苦労した分、家を建てるにはこれだけ手間とお金がかかるということを実感できましたし、大変勉強にもなりました。

 

 それから、近隣との調整も大変でした。床暖房を入れるために都市ガスを引くことにしたのですが、工事が必要な道路が町内の共有地となっていたため、全ての方に承認をいただく必要がありました。

 ガスが開通したのは引っ越しの数日前。みなさんには本当にお世話になりました。

 

よかったことはありますか?

 

 材木市場やプレカット工場に連れて行っていただいたことは、とてもよかった点です。そういう場所に行く機会はありませんので、実際に目にして、木材の産地もわかり安心です。

 また、床にワックスを塗ったり、手伝ってもらいながら本棚を作ったりと、楽しみながら家づくりに参加させていただきました。

 あすなろ建築工房さんでなければ、体験できなかったと思います。

 

実際に暮らしてみていかがですか?

 

DSC2494

 隣家との距離が近いため、あまり窓を設けられませんでした。明り取りと空気が流れるよう開口部は何カ所かあるのですが、ベランダの他には、リビングの上方にある窓だけ。最初は、「これだけでいいのかな?」と思いましたが、出来上がってみて「あぁ、なるほど!」と納得できました。

 この窓は空が見えて開放的です。実は西側なので、夕日も綺麗ですよ。

 午前中は天窓から綺麗に光が入ってきますので、とても居心地がいいです。

 以前はリビングが1階にあり、日中でも照明が必要でしたが、今はとても明るく満足しています。

 

DSC2287

 それから、水廻りがリビングと同じ階にあるのは、とても良かった点です。

 また、キッチンや洗面所(脱衣所)がとても広いので、小さい子供をお風呂に入れる時にはとても楽です。床暖房が全面に入っていますので、冬はお風呂から出ても暖かいですし。床が気持ちいいので、ほぼ裸足で過ごしています。

 

一番好きな場所はどこですか?

 

ご主人:一つに絞るのは難しいですね。リビングも好きだし、ロフトも好きだし、時間帯によって好きな場所が異なります。

 

奥様:私は一番過ごす時間の長いリビングかな。でも、お風呂も好きです。ミストサウナを付けてもらったのですが、冬は暖かいですし、夏はシャワーだけでもミストサウナを使えば充分に汗をかくことができるので、疲れが取れてスッキリします。

 

これから家づくりをお考えの方へのアドバイスをお願いします

 

DSC2347

 まずはいろんな見学会に行くこと。そして、こちらの話をちゃんと聞いてくれるところを探すこと。

 それから、希望を妥協しないことです。これは無理だと自分たちで決めつけずに、希望を全てお話することが大切だと思います。

 薪ストーブを置きたい、シーリングファンを付けたい、お風呂にミストサウナを付けたいなど、いろんな希望をお話したのですが、何ひとつ出来ませんという返答はありませんでした。

 難しいことでも工夫していただき、全て叶えていただき、本当によかったと思います。とても満足しています。

 

 

あすなろ建築工房から一言

DSC2384

 Yさんからお話を頂き、敷地を拝見して最初の印象は「これは大変そうだ。かなりの工夫が必要だ。」でした。敷地は3方を隣地に囲まれ、道路から高低差がある狭小地でした。ここに3世代の家族が過ごすことになる。バリアフリー、温熱環境、駐車スペース、諸室配置、家事動線確保などなど狭い空間にいろいろな条件を解決しなければなりませんでした。
 周辺の環境からすると道路からは三層分上となる2階が一番居心地のよい場所になるのは間違いない。ここに3世代家族が集う場所を設けるのが一番よい。1階に寝室を挟んで、音の出る音楽室は鉄筋コンクリート造となる地下室へ。北側斜線、道路斜線の諸条件をクリアしながら、敷地のポテンシャルを最大限に活用することで、狭くても快適な家になるはず。空間を最大限に利用した最上階のロフトは、第二のリビングとして活用できるのではないか。狭くても家事のことを考えると水周りは一つの階に集中させたい。アイデアはいくつも浮かんできました。
 提案した案を気に入って頂いて、その後はトントン拍子で進んで行きました。ご家族の希望を叶えることが出来、私たちもとてもうれしく感じています。
 Y様ご家族には、竣工後もあすなろ建築工房のイベントにいつもお越しくださっています。「これから家を建てよう」という新規のお客様にも家づくりのOBとしてお話をしていただいており、大変感謝いたしております。
 今後とも長いお付き合いをお願い致します。

SOCIAL MAGAZINE

  • 関尾英隆ブログ
  • 現場ブログ
  • 家づくりの傍らで
  • スタッフブログ