住まいづくりのヒント

お客様の声

【番外編】築36年子供達のためのマンションリフォーム

築36年のマンションリフォーム

入居から1年が経ったお客様より、近況報告のメールをいただきましたので、ご紹介いたします。
築36年のマンションにて自然素材をふんだんに使用したフルスケルトンリフォームを行いました。
近くには幼稚園、保育園、小学校があり、便のよい2路線の駅から徒歩圏となるため、買い物にも通勤にも便利な立地で、周辺の環境のよさもあって中古物件では人気のマンションです。
共働きの子育て世帯ということで、家事動線に考慮した水周りに変更し、子供たちがのびのびと生活できる空間を確保するプランをご提案しました。また、限られた面積で家族4人が出来るだけ開放的に生活するために、様々な工夫を施しました。既存の間取りでは北側の部屋やキッチンの風通しが悪く、家族の一体感も感じられないレイアウトだったので、南側は広々としたダイニングリビング空間と畳小上がりのある畳スペースとし、キッチンも行き止まりとせずに回遊動線を設けました。落ち着いたプライバシーが確保されたダイニングリビング空間に、使いやすい家事スペースとなりました。床は遮音等級をしっかりと確保したタモ材の無垢フローリングとし、壁は珪藻土塗るなど、自然素材をふんだんに使用しました。

 

 施工事例:築36年子供達のためのマンションリフォーム はこちら

以下、Nさんからいただいたメールを、抜粋してご紹介します。
メールには、1年目の点検のお礼と、「あすなろ建築工房さんにお願いして本当に良かった」とうれしい言葉、そして具体的に良かった点が書き記されていました。

 

「奇をてらわない」は、いつまでも強くて優しい

 

あすなろ建築工房さんに決めるまでには、自然素材を使ったリノベーションがしたいということだけははっきりしていました。
そのため主にそれを得意とするリノベーション専門業者の施工事例をたくさん調べたり、いくつかのショールームにも足を運ぶことでイメージを膨らませていきました。
また、購入を決めたマンションのリノベーション済のお宅にお邪魔したり、地元で人気の工務店さんの杉材豊富なザ・ナチュラルなお宅の見学会に参加したりすることでも少しずつ知識を仕入れてやりたい方向性を固めていきました。

一番の不安は、「自然素材」と「ナチュラル」の間に落ちる「文脈」や「肌感」が、果たして発注先の工務店さんとうまく伝わるか?でした。私の場合は自然素材は使いたいものの決して「ナチュラル感」を強調したいわけではなかったので、工務店さんに「ナチュラルに対する強い意志」が溢れすぎていると気持ちに折り合いがつかず納得がいかなくなると感じました。また、もうひとつ他社の見学会などを通じて気になったのは、作り込んで作り込んで「〇〇風」な住まい手の夢いっぱいなリノベーションをしてしまうと、時間が経過したときの自分や時代には合わなくなるかもしれず、それは賃貸の家に合わせて住むことに窮屈さを感じるのとあまり変わらないのではないか、ということです。

そこまではあたまでは分かってきていたものの、あすなろ建築工房さんの工事待ちの期間も、施工していただいている最中も、予算と面積は限られているのに、あれこれとやりたいことがたくさんあり、大小いろんな葛藤がありました。施主支給もひとり悶々と考えて、港北IKEAには週2~3回ペースで足を運び、偶然あすなろ建築工房さんのスタッフさんと遭遇したこともありましたね。それをご存じのスタッフさんからは、施主支給で問題なさそうなトイレの収納棚に私が思いもつかないような商品を逆提案していただきました。奥行はトイレットペーパーにぴったりですし、小さいスプレーなども収納でき、今でもとてもちょうどいいサイジングだと感じています。クローゼットには手持ちの家具から逆算した寸法選び、ベッドメイキングするときのギリギリの動きやすさ、キッチン廊下と通り廊下の幅のギリギリの拮抗バランス、作り付けの棚の本のディスプレイのすべり止めや奥行、洗面所の水栓のお手入れなど細かいところまでみなさんとても話やすく、造作家具を作って納品してくださった若い大工さんも礼儀正しくて、とても きちんとされていました。

住んで1年。有名建築家の本に出てくるようなシンプルな暮らし方はできていませんが、あの頃のたくさんの葛藤と今のおさまり具合、あれから気づいたことをご報告します。

 

「照明」

 

面積が60平米台と狭いだけに、高い家具や北欧照明をいれて、がっちり有名建築家が造る家のようになってしまうのも、マニュアルめきすぎて恐ろしく感じていました。実はあのあと、IKEAの北欧風大きなペンダント照明をダイニングテーブルに低めにいれることも試してみたのですが、やはりメリハリがつきすぎてしっくりと来ず、すぐ返品しました。照明は最初に選んでいただいたスポットライト一択です。必要な個所にだけ入っているレール照明はこまわりが効き便利ですね。洗面所の埋め込み照明も、なぜこの位置にこの数なのかな?と出来上がった当初は意図が理解できなかったのですが、お化粧なりお風呂なり生活してみると秀逸な配置であることがよくわかります。

 

「スイッチ小物」

 

小さいパーツではありますが、ナチュラル感を醸す大きな要素が家中に散らばっている照明スイッチボタンの「白」だということに気づいたのは、施工途中の割と後半でした。わがままを受け入れていただきギリギリで黒にチェンジしていただいたのは大正解で、ソファの足や小物にブラックアイアンを持ってきたり多肉植物を飾ることで、ナチュラル過ぎないオトコマエ感を醸成することが出来ています。家そのものがシンプルなので、北欧風、ミッドセンチュリー風、これからもインテリア次第で自由自在だと思います。例えばアメリカンスイッチなどは雰囲気が前面に出て今でもとても素敵なものだとは思いますが、あすなろ建築工房さん標準採用のスイッチはとてもシンプルなので、色だけで嫌味なく大きくイメージを変えることができたのは大発見だと思います。

 

「建具は家そのもの」

 

うちは戸建てではなくマンションのフルリノベーションなのに、なぜかとても「家感」があると思っています。施工途中、大工さんにも「マンションでこんなにナカをちゃんと建ててることないよ」とは言われましたが、珪藻土に隠れてしまうと分からないところもあります。それがある日、ちょっと冷やかしで別棟の他社のリノベーションを見て、やたらと建具のニセモノ感がハナにつくことに気づいたのです。一年住んで目が肥えたのでしょうね、「家感」の謎は、扉の建具とツゲの木枠だと気がつきました。もともとウォールナット枠アクセントの建具は美しく、どこか昭和の落ち着いたいい時代を思わせるあすなろ建築工房さんらしさを象徴するものだとは思っていたのですが、時間が経って主張しすぎない迫力とツヤ感を増しています。スケルトンにする前の我が家物件をあすなろ建築工房さんに見ていただいたとき「この障子は残しましょ!」と即提案いただいたのですが、これらの建具と昭和まっただなかに設計されたマンション和室の障子枠は、どちらも本物の日本の家の建具だからかケンカせずにしっくりと溶け込んでいます。あの障子枠を残す決断は、その時代の障子建具の良さと自社の建具への自信がマッチするあすなろ建築工房さんでないと出来ないご提案だったと思います。障子は紙ではなくレース障子にしたので小さい子供がいても問題ありませんし、リビングと玄関を区分するドアのはめ込みウィンドウをガラスではなく割れないアクリル素材にしていただいたのも、暮らしていて大きな安心材料です。

 

「床材」

 

キッチン賃貸のクッションフロアから引っ越したので、しばらくは足がうっすら痛く、安くて柔らかい杉のほうが良かったのかな?と思うこともありました。しかし今はもう慣れて良さしかないです。タイル貼りに憧れてキッチンや洗面所には採用したかったのですが、あすなろ建築工房さんからきっぱりと「タイルは硬くて立ち仕事をするには疲れます。マットを敷くことになりますよ。」とアドバイスを頂いて予算との折り合いもあり、床は全てタモ材で統一しました。もしあのときタイルを採用していたら、素足の感覚からするとせっかく素足で気持ちのいい無垢フローリングを採用したのに、居室から水まわりのタイル床に移ったときに冬場に足が冷たい、食器を落としたときに割れるのが気になる、子供が走って敷物で滑る、敷物類の洗濯で疲れる・・・など、私の場合は住んでから身構えて遠慮してしまったのではないかと思います。それでもはじめはタモ材一択の選択には自信が持てたわけではなかったのですが、これもまた他のお宅でリビングをチーク 、ベッドルームだけパインにしているのをちぐはぐに感じ、気づいたことがありました。床の面積は広いので、ある意味選びきれなかった施主の決断をみごとに体現してしまうのです!コスト削減と全体の空間のまとまり徹するのは施主(私)にはときにとても難しいので、「暮らしやすいかどうか」のスタンスでしっかり言うべきことを言っていただけるのはとてもありがたかったことだと思います。

 

「造作家具」

 

キッチン裏の本棚予算で心が折れそうで造作家具を減らそうとしたときには「家には見せ場が必要です!」と強く背中を押していただきました(そしてそれでも予算オーバーはしませんでした)ね。キッチンのオープン飾り棚などは完全にデザインお任せだったわけですが、ここに本棚ができたことで、私にとっては疲れた真夜中にひとり、少し上がり床になった洗面所の框に腰掛けて好きな本をパラパラとめくってみるという・・・賃貸のありきたりな収納や持ち家具の配置ではあり得なかった本との向き合い方をさせてくれるものとなりました。この飾り棚があることで、サプリや子供のプリント類など毎日アクセスが必要なもののリビングやキッチンに置くにはイマイチしっくりこないものはすべてかっこよく片付き、 廊下がただ通り過ぎるだけのものではなくなりました。このキッチン飾り棚の天板は人間にとっては飾る見せ場のひとつですが、ネコにとってはちょっとしたキャットウォークと寛ぎの居場所でもあります。

キッチンの食器棚は、予算を押さえるため浅倉さんに「扉なしにしましょ!」とさっぱり決めていただきましたね。食器出しっぱなしはちょっと抵抗があったのではじめは布で全面カバーをしてしまうつもりだったのですが、人は家に生き方を決めてもらうようなところもあるようで、今でもオープンなまま小物と見せ食器で過ごしています。扉を開け閉めする動作がひとつ省けますし、子供たちはおやつを食べるお皿はこのオープン棚から自分たちで出して準備してくれますので、とても合理的で楽ちんです。

和室私としては一番オリジナルだと感じている和室とダイニングを緩く仕切る机つきオープン棚には、今はリビング側に子供が座ったときの手の位置あたりに棚板を配置して、電子ピアノをばばんと置いています。最下部に板がなく床に対してコの字を逆さに置いた形の棚に可動式の棚板をつけていただいたものなので、子供用の椅子はそのまま電子ピアノの棚の下位置に、フローリングの床に滑らせて納めるだけです。子供が何人か集まっても十分な幅なので、即席のピアノコーナーですね。

その上段には子供たちのペンや教科書、折り紙などダイニングテーブルですぐに使いたいものを配置していますので、リビング学習も叶えられています。親の意思に反して子供たちはキングコングのように棚板をよじ登 って最上面まで登り秘密基地気分をあじわったり飛び降りたりもしていますが、将来はオープン棚に布カーテンなどをして和室とダイニングの区切りを強めて、和室を夫婦の寝室としても使えるだろうと思っています。この棚と一体型の和室側の机は、申し訳ないことに当初の想定と違って子供達ではなく大人が使っていますが、余分な家具を買う必要なくこれからも暮らしに合わせて用途を変えていくことができると思います。

 

「もどきはバレてしまう」

 

玄関同じマンションの他のお宅のリノベーションでのお話ですが、玄関床がモルタルではなく塗装仕上げ、壁紙は珪藻土仕上げ風のもどき壁でした。不思議なもので、なんとなく質量が軽いというか品格が感じられないというか、人間は直感的にちゃんと「ちゃちい」と感じるものです。特にマンションの場合は玄関扉は共用部となるため個人の嗜好で選択したり差をつけることは難しいのですが、うちは玄関土間の炭モルタル、シュークローゼットは既存利用ではあるものの扉はあすなろさん建築工房仕様の木の扉に変えてもらったため、素材で差がつくことがとても分かりやすく現れます。竣工当初の炭モルタルは濃色ですが、少しの間ですっかり落ち着き枯れた炭モルタルの色になったため、玄関扉の内側の色は引き締める意味合いから我が家は黒に変更しました。炭モルタルの素材的には和になりすぎるのではないかという不安もあったのですが、玄関のオープン棚にブラインドをつけたせいか全くそんなことはなかったです。

 

「引き算とあそび」

 

私はやりたいことや採用したいものがゴテゴテとありましたので、ひとつずつ落ち着く地点を見つけるのが大変な施主だったのではないかと当時を振り返るのですが、いくつかの事例をみて思うことは、施主がうまく引き算をさせてもらえないのは悲劇、ということです。面積や予算などの制約があっても日々の暮らしで我慢すべきでない点はしっかり向き合って解決したほうがいいとは思うのですが、住んでいて足りなければ足せる!という踏ん切りはなかなか自力でつけることは私にはなかなか難しかったです。
アクセントウォールたとえば、キッチンが行きどまりではなく、シンク側からでもコンロ側からでも行き来ができる仕組み。これは食器の片づけやコンロへの用事でも家族同士が混線せずに済みますし、買い物したものを冷蔵庫に入れるのに玄関から最短距離がとれ、遠回りする必要がありません。L型やアイランド型よりコストが低めのI型のキッチン設備を選択しつつも、とても暮らしやすい導線です。こういったストレスは「知らず知らずに溜まる」ものだと思うのでありがたい仕掛けではないでしょうか。
また、たとえば「ナチュラル過ぎない雰囲気を醸す」具体策が自分では思いつかないこともあったのですが、頑張って足しすぎなくても珪藻土の塗りの仕上げ方ひとつでもイメージは変わることが分かりましたし、アクセントウォールを何面か入れて、ペンキ塗装や壁紙などで自力でもイメージチェンジが可能な壁面をいくつか取ってみたことでも将来の楽しみが残りました。それも壁紙やタイル壁に魅かれていた私に「塗装はいかがですか!」と折り合いをつける提案してくれました。

いろいろとわがままを申し上げて申し訳なかったのですが、「家品質」にこだわり、暮らしやすさをしっかり主張してくれるあすなろ建築工房さんにお願いして本当に良かったと思います。ありがとうございました。

 

 

 

あすなろ建築工房から一言

限られた面積と限られた予算でのフルリノベーション工事だったので、頂いたご要望をすべてかなえることは出来てはいなかったと思いますが、お打合せの中で優先順位を決めて行き、結果的にご満足いただける結果となって私たちもとても嬉しく思います。
余白をいろいろと残した計画でしたので、引き続きNさんご家族が手を入れて、ご家族らしい家に仕上がっていくことを期待しています。

SOCIAL MAGAZINE

  • 関尾英隆ブログ
  • 現場ブログ
  • 家づくりの傍らで
  • スタッフブログ