あすなろをもっと知る

お金の話

家づくりは、一生のうちで何度もできることではありません。
だからこそ、後悔しない満足いただける家づくりをして頂きたいと考えています。
お施主様にも一緒に汗を流してもらって、施主様、設計者、施工者が三位一体となった家づくりを行っています。

建築費用について

私たちが造る家は、建物だけでなく、外構・植栽を含めて提案させていただいています。
そのため、一般的に坪単価で表わされている建物本体のみの価格では、比較が出来ないものと考えています。参考までに過去の事例をご紹介すると、27坪前後で、総額2,500万円~3,500万円(税抜)が多いようです。
しかし、これは建築基準法でみる延床面積の数字となります。私たちが造る家には、吹き抜けがあったり、ロフトがあったり、ウッドデッキ、バルコニーがあったりと、延床面積にはカウントされない要素がたくさんあります。そのため、「施工床面積」という面積を算定し、概算金額をお出しするようにしています。
単なる価格比較でなく、その中身を見ていただければ「この内容なら」とどなたにも納得いただけるものと思います。

工事費のお支払い時期について

工事費のお支払いの時期ついては、4分割を基本としています。それはお互いにフェアで安全であると考えているからです。早く工事費用をもらいすぎる必要はありませんし、遅くなって協力業者や大工に迷惑をかける訳にもいきません。工事の進捗に見合った金額を頂くことで、お客様にとっても、私たちにとっても安心できる家づくりが可能になります。

<工事費お支払いの例>
(1)工事契約時(着工時):1/4
(2)上棟時:1/4
(3)木工事完了時(仕上げ工事着手時):1/4
(4)完成時:1/4

上記の各節目においては、現場にてお客様に進捗状況を確認頂いてから、ご請求書をお送りさせていただいております。
完成時は、完成お引渡しの1週間前にご請求書をお送りいたします。最終ご入金を確認させていただいた後に、お引渡しいたします。

お金の話を詳しく解説します!

あすなろ建築工房では、ZOOMを使ったウェブセミナーを定期的に開催しています。お金の話もコンテンツのひとつに用意していますので、ぜひご参加ください。

イベント情報はこちら

家づくりのお金の話がぜんぶわかる本

代表関尾も執筆している書籍「家づくりのお金の話がぜんぶわかる本」絶賛好評販売中。
家づくりにまつわるお金の話は、あすなろ建築工房代表の関尾が共同執筆している書籍でも詳しく解説しています。

ご購入はこちらからどうぞ