あすなろの家づくり

あすなろの家づくり

なぜ、私たちは家をつくるのか

「楽しく快適な暮らしを提供することで、関わるすべての人の人生を充実したものにする」
それがあすなろ建築工房の理念です。
あすなろ建築工房の家に住むことで毎日が楽しく快適となり、
充実した生活を送っていただきたいと考えています。
家に求めるニーズはひとりひとり違うものと思います。
土地も同じ土地はありません。
だからこそ、私たちの家づくりにかける思いと理念に共感していただいたお客様に、
その時の最適な材料と工法、設備を用いて、
最高の技術者によってつくられた家をご提供することが私たちの使命であると考えています。

 

 

「設計事務所」×「工務店」
それが、Architect Builder あすなろ建築工房

あすなろ建築工房は、設計事務所としてのアイデアやデザインと、工務店としての技術や知識を融合させた、新しいスタイルの工務店です。

 

設計事務所としてのこだわり

工務店としてのこだわり

 

 

愛される家

愛される家づくりこれまで新築工事だけでなく、改修工事などでたくさんのお宅を見てきましたが、そんな中で気がついたこととして、その「長く住み続けられている家」に共通して存在する条件があります。
それはよく言われている「頑丈な構造」や「更新可能な設備」や「間取りの可変性」などの物理的な条件ではありません。長く住まわれる家にとって、もっとも大切なことは「愛されている家か否か」です。

どんなに頑丈な家でも、どんなに長持ちする材料を用いていても、そこに住む人、つまり住まい手に愛されていなければ、メンテナンスをされることなく、それは朽ちていってしまいます。

「愛されている家」は住まい手がしっかりと気を使って、「悪いところは無いか」と気を配り、悪いところがあればしっかりとメンテナンスや修繕がなされます。しっかりとメンテナンスや修繕がなされている家は何十年でも何百年でも使い続けることが出来るのです。

 

 

高いコストパフォーマンスの実現

あすなろ建築工房のアドバンテージの一つは「施工費を掴みながら、設計作業を行える」ことです。
材料の仕入れ価格やサイズを把握しながら、設計、見積ができるため、無駄な作業が大きく減ります。
作業の無駄だけでなく、材料の寸法を熟知しているので、材料の無駄を省くことができ、ゴミも減ります。また、価格を把握しているため、適材適所にリーズナブルな価格で材料を使うことが出来ます。
小さな積み上げが最終的には大きなコストダウンにつながります。

 

設計から施工まで一貫した管理責任

こだわりの家竣工時に「かっこいい」建物が、数年後に薄汚れ、荒れ果ててしまっている例をたくさん見てきました。
デザインを優先したばかりに、数年後に雨漏りが生じて大改修工事を余儀なくされてしまった例もいくつもありました。「作品」だった建物が、数年後には見る影もなくなってしまっているのです。

 

このような現場での不具合のフィードバックは、実際に施工を行った工務店に蓄積されています。工務店は、同じような不具合が起きないように、その都度改善していきます。
不具合が起きて一番困るのは建主さんです。不具合を設計側へ確実にフィードバックしていくことは、「設計施工の体制」でないと、なかなか出来ないものなのです。

 

お客様とのお打合せから、設計、施工までの全工程を、一貫して管理することができる環境が大事なのです。これにより、お客様のご要望が住まいづくりに関わる全てのスタッフにきちんと伝わり、希望通りの家の完成に近づきます。

 

 

 

 



SOCIAL MAGAZINE

  • 住まいの隠し味(家づくりのコラム)
  • 関尾英隆ブログ
  • 関尾英隆の裏ブログ
  • 現場ブログ
  • スタッフブログ