施工事例

二世帯住宅

二世帯住宅

親世帯の住宅と子世帯の住宅の分棟形式の二世帯住居です。当初は、親世帯の住宅の増改築工事にて、二世帯住宅への改修を検討しましたが、「耐震性能の確保」「断熱性能の確保」「工事費のトータル費用」「工事中のお住まいの状況」「それぞれの世帯のプライバシーの確保」「将来の土地と家屋の活用方法」「相続税」などの諸条件を勘案して、『二世帯分棟形式』での新築建築となりました。

検討過程においては、下記の7つの案にて、それぞれのメリット・デメリットを検討しました。

A案:改築(構造上一体)

B案:改築(構造上分離して一部連結)

C案:増築(構造上一体)

D案:増築(構造上分離して一部連結)

E案:一部解体+増築

F案:新築一体型二世帯住宅

G案:新築分棟型二世帯住宅

「2つの家族が、お互いの距離を尊重しながら、お互いに助け合いながら生活を続けていくためには、どういう形が一番望ましいのか?」について、関係者全員で探っていく作業を行いました。

フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

SOCIAL MAGAZINE

  • 住まいの隠し味(家づくりのコラム)
  • 関尾英隆ブログ
  • 菊池結城ブログ
  • 飯沼祐司ブログ
  • スタッフブログ