あすなろの家づくり

コストとスケジュール

家づくりは、一生のうちで何度もできることではありません。だからこそ、後悔しない満足いただける家づくりをして頂きたいと考えています。お施主様にも一緒に汗を流してもらって、施主様、設計者、施工者が三位一体となった家づくりを行っています。

 

 

建築費用について

施工床説明私たちが造る家は、建物だけでなく、外構・植栽を含めて提案させていただいています。そのため、一般的に坪単価で表わされている建物本体のみの価格では、比較が出来ないものと考えています。参考までに過去の事例をご紹介すると、30坪の家で、総額2,400万円~3,200万円(税抜)が多いようです。あえて坪単価にしてみると、80万円~120万円の範囲です。
しかし、これは建築基準法でみる延床面積の数字となります。私たちが造る家には、吹き抜けがあったり、ロフトがあったり、ウッドデッキ、バルコニーがあったりと、延床面積にはカウントされない要素がたくさんあります。そのため、「施工床面積」という面積を算定し、概算金額をお出しするようにしています。

「施工床面積」で考えた場合、外構工事、床暖房設備、パッシブソーラー設備などの付加価値の部分を除いた純粋に建物だけの工事費を見ると、坪単価では70万円位になります。もちろん、耐震性能、断熱性能などの基本性能は満たした上で、自然素材をふんだんに使用した内容です。上記を御参考にしていただければと思います。

 

工事費のお支払い時期について

工事費のお支払いの時期ついては、4分割を基本としています。それはお互いにフェアで安全であると考えているからです。早く工事費用をもらいすぎる必要はありませんし、遅くなって協力業者や大工に迷惑をかける訳にもいきません。工事の進捗に見合った金額を頂くことで、お客様にとっても、私たちにとっても安心できる家づくりが可能になります。

<工事費お支払いの例>

(1)工事契約時(着工時):1/4

(2)上棟時:1/4

(3)木工事完了時(仕上げ工事着手時):1/4

(4)完成時:1/4

上記の各節目においては、現場にてお客様に進捗状況を確認頂いてから、ご請求書をお送りさせていただいております。

完成時は、完成お引渡しの1週間前にご請求書をお送りいたします。最終ご入金を確認させていただいた後に、お引渡しいたします。

 

 

 

設計料について

量産ハウスメーカーや工務店の中には、設計料を明示していない場合ますが、どんな建物を建てる場合でも、設計・確認申請手続きなどの作業は必要であり、それなりの時間と経費がかかっているものです。その場合は設計や確認申請に係わる費用は諸経費などにドンブリで計上されている場合がほとんどです。

あすなろ建築工房は設計事務所と工務店機能が一体となったアーキテクトビルダーとして家造りを行っております。自信を持って設計提案させて頂いておりますので、設計料をきちんと明示し、誇りをもって仕事を行っております。

設計事務所と違って、施工において利益を得ることが出来ますので、設計事務所と比べると設計料はかなり割安に設定しています。

「建築家に設計して欲しいが、敷居が高いと感じている方」「お任せでなく一緒に家造りを考えたい方」「メンテナンスも含めて永い目で家りを見てもらいたいと考えている方」、是非一度お声掛けください。

 

設計料

<新築工事>

・設計施工の場合…工事費の5%(4号建築(通常の木造2階建て)の場合)

(混構造や3階建ての場合には、構造計算費用が別途必要となります)

・設計監理のみの場合…工事費の10%

(確認申請費用・性能評価費用・長期優良住宅申請費用は別途精算)

 

<リフォーム工事>(設計提案が必要な場合)

・設計施工の場合…工事費の3~7%(必要図面によります)

・設計監理のみの場合…工事費の10%

(増改築確認申請費用・性能評価費用・リフォーム長期優良住宅申請費用は別途精算)

 

※工事費は概算見積により算定

 

 

 

スケジュールについて

スケジュールについて一軒一軒、設計から施工まで丁寧に行っています。そのため、どうしても時間がかかってしまっています。お客様にとっても、家は一生に何度も建てられるものでもないと思いますので、ここはしっかりと時間をとって、納得のいく家造りを行っていただきたいと考えています。
一つの現場では一人の棟梁が、建て方から竣工まで担当しています。きちんと愛着を持った家造りを行いながら、お客様の家の完成まで面倒をみさせて頂いています。

 

 

相談からご契約、完成までの工程と期間
スケジュール

こちらからPDF版をご覧いただけます。

 

第一フェーズ(建築相談)

R_IMG_0857

御要望をお伺いするほか、これまでの住経験(どんな家に住んできたか)や趣味や生活スタイルを詳しくお伺いいたします。

新築見学会や現場見学会にお越しいただくほか、OBのお客様のところで実際にどんな生活をされているかをご覧頂きます。

合わせて、実際の敷地にお伺いし、土地の高低差、近隣建物の位置、現況インフラ設備の状況、風の通り方、朝日の昇る方向、夕日が沈む方向などの調査を行います。

 

第二フェーズ(御提案・基本計画)

R_P1310444

土地に合わせて、ファーストスケッチ(S=1:100 白黒手描き)と予算概算書を御提出します。

ここまでは無料です。

[平面計画案スケッチ、予算概算書]

 

 

 

 

第三フェーズ(基本設計)

R_P1310445ファーストスケッチを見ていただいて気に入っていただければ、基本設計案を作成いたします。

計画案作成の際に、設計依頼の着手金として10万円を申し受けております。(後に設計監理契約の際に、この10万円は設計監理契約の契約時御請求から差し引くようにいたします)

必要に応じて、地盤調査を行います。状況にも寄りますが、4万円~5万円位の費用となります。(実費精算)

[A3版計画案カラー図面 S=1:100、模型S=1:100]

第四フェーズ

基本計画案を気に入っていただけると実施設計へと進みます。SONY DSC

この時点で、設計監理契約をお願いしております。

実際の工事を行うために必要となる実施設計図面の他、確認申請図面、家具、インテリア、設備器具、外構デザイン図面などを作成いたします。

前述の設計料に基づき、契約時1/3、実施設計完了時1/3、業務完了時(工事完了時)に1/3に分けてお支払いいただいております。

[構造計算、実施設計、実施設計模型(S=1:50)、建築確認申請、詳細図作成、外観・内観パース作成、インテリア・家具提案、照明計画、現場監理、建築中間・完了検査申請、外構造園提案等]

 

 

お見積

建築費用について

実施設計図面の内容で見積を行います。

概算見積でなく、部材一つ一つ丁寧に積み上げて見積いたします。

見積期間は3週間となっております。

 

 

 

 

工事請負契約

P6120357工事の請負契約となります。合わせて確認申請を提出いたします。

 

 

 

 

 

工事

IMG_7458確認申請許可が下りると着工です。

工事期間は約6ヶ月です。(規模、敷地条件によって異なります)

地鎮祭、上棟式※などのイベントがあります。

中間検査など法定検査の他、社内検査、工務店ネットワーク(名匠家)の現場安全パトロールなどが行われます。

お施主様にも時々現場に足を運んでいただいて、現場で御確認いただきます。

竣工検査

P1190062確認申請完了検査の他、社内検査、施主検査が行われます。

 

 

 

 

 

見学会

07完成時には見学会の開催をお願いしております。

 

 

 

 

 

お引渡し

DSC02197お引渡しとなります。

 

 

 

 

 

 

 

※あすなろ建築工房では、上棟式の開催をおすすめしています。→ くわしくはこちら

 

 



SOCIAL MAGAZINE

  • 住まいの隠し味(家づくりのコラム)
  • 関尾英隆ブログ
  • 菊池結城ブログ
  • 飯沼祐司ブログ
  • スタッフブログ